医療法人 広仁会 広瀬病院
menu

入院のご案内

基本事項・注意事項

基本事項
  • 病床数 62床(一般病棟49床、緩和ケア病棟13床)
  • 入院、退院は、担当医師の指示が必要となります。
  • 看護基準は、10:1の届出をおこなっております。
  • 療養上のお世話は、看護職員が行いますので付添の必要はありません。ただし、認知症のある方、せん妄のある方は、ご家族に協力をお願いする場合があります。
  • 消灯時間は21時(夜9時)となります。
注意事項
  • 全館、全施設、全敷地内、終日禁煙となっております。
  • 保険証やご住所等の変更があった場合は、速やかにお申し出下さい。
  • 院内に多額の現金や貴重品をお持込みにならないようにお願い致します。各ベッドサイドにはセーフティボックスを設置しておりますが、万が一盗難等が発生しましても当院は責任を負いかねます。また、患者様がお持込みになった電気機器等の故障・破損についても当院は責任を負いかねます。
  • 病室へのパソコン、テレビゲームの持ち込みは、基本的にお断りしております。ただし、お仕事など、やむを得ない事情の為使用を希望される方は、事前にご相談下さい。
  • 携帯電話の病室への持ち込みは許可しております。ただし、病室ではマナーモードに設定をお願い致します。また、病室での通話やメールのご使用は禁止しておりますので、ご使用は各階の電話ボックスにてお願い致します。夜間、早朝のご使用もご遠慮下さい。また、ペースメーカー等の医療機器の動作に影響が予見される場合は、ご使用を制限させて頂く場合もあります。
  • 状態観察が必要な為、長い爪は切り、マニキュア類は必ず取っておいて下さい。
  • 指輪・ネックレス等の着用はご遠慮下さい。
  • 入退院時における謝礼はお断りしております。

入院・退院の手続き

入院手続き
① 入院手続き窓口
 入院手続きの窓口は1階受付となっております。入院が決まりましたら、1階受付にて入院のしおりをお渡し致します。必要書類をご記入の上、ご提出下さい。
② 提出書類 ※入院当日にお預かり致します。
  • 入院誓約書(※連帯保証人も必ずご記入下さい。)
  • 施設共益費(テレビ、小型冷蔵庫、無料給茶器使用)同意書 ※個室の方は不要
  • 個室申込書 ※個室の方のみ
 ※以下は手術の方のみ
  • 手術同意書
  • 手術問診票
  • 麻酔同意書
③ 確認させて頂くもの ※入院当日に確認させて頂きます。
  • 保険証、医療証等
  • 高額療養費限度額適用認定証
    ※詳しくは、高額療養費についての項目をご参照下さい。 ⇒ 高額療養費(70歳未満の方)
  • 退院証明書 ※過去3ヶ月以内に入院歴がある方のみ
※入院誓約書にご記入の内容や保険証等に変更がある場合は、すみやかにお申し出下さい。
退院手続き
① 入院費のお支払
 入院費は、退院時にお支払頂きます。入院日の計算ができ次第お部屋までご連絡いたしますので、1階会計にてお支払下さい。なお、事前に概算をお知りになりたい場合は、看護師又は1階・受付にお申し出下さい。

 ※入院料・個室料は、入院日(個室入室日)、退院日(個室退出日)をそれぞれ一日として計算致します。
 ※ 急な退院の場合は、計算にしばらくお時間を頂きますのでご了承下さい。
 ※ 保険証の提出がない場合、保険証の内容の変更の申し出がない場合は、実費計算となりますのでご注意下さい。
 ※ お支払いは、クレジットカードも利用出来ます。
② 退院
 お支払がお済みになりましたら、再来日等をご確認の上、お薬やお荷物等のお忘れもののないようにご帰宅下さい。

病室の設備

テレビ・小型冷蔵庫・セーフティボックス・ロッカー・洗面台

※ 4人室でテレビ、小型冷蔵庫をご使用の場合は、施設共益費(1日210円)のお支払が必要です。個室は個室料に含まれています。
※ 施設共益費は、入院費と併せて請求致します。

フロア案内

 フロアの詳細については、施設のご案内ページをご覧ください。 施設のご案内

準備する物

  • 着替え類(寝衣・下着)
    ※ ご希望の方に対して病衣(上下1組セット)の貸出を行っております。
      料金は75円/1日で、交換は1週間に2回までとなります。
      サイズはS・M・L・LLを準備しております。
      必要な場合は、看護職員にお申し出下さい。
  • 洗面用具(歯磨きセット・石鹸・シャンプー等)
  • タオル・バスタオル
  • 箸・箸箱・湯のみ(必要な方は、スプーン・フォーク・ストロー・楽呑み)
  • イヤホン ※個室の方は不要
  • 箱ティッシュ
  • スリッパ
  • 診察券
  • 印鑑(認印でかまいません)
  • 現在服用中のお薬(当院・他院での処方すべて)・お薬手帳または内容がわかる書類

外出・外泊

  • やむを得ず外出・外泊を希望する場合は、担当医師の許可が必要になります。
    ご希望の方は、看護職員にお申し出下さい。
  • 外出・外泊をする場合は、所定の届け出用紙を記入し、看護職員に提出して下さい。
  • 帰院時間に変更があったり、病状に変化があった場合は、速やかにご連絡下さい。

ご面会

  • 面会時間は、13時から20時までとなっております。やむを得ず、午前中の面会をご希望の場合は、事前にご相談下さい。
  • 病室は、1階受付にてお尋ね下さい。
  • 来院・お帰りの際は、必ずスタッフステーションにお声をおかけ下さい。
  • 患者様の病状、ご希望、感染予防の為、ご面会をお断りする場合があります。
    ※ お子様、ご高齢の方は、特に感染予防が重要となりますので、ご面会の際は必ず看護師にご確認下さい。
  • 談話には、デイルームをご使用下さい。
  • 入院中の患者様は安静が必要となります。騒いだり長時間の面会など、他の患者様の迷惑となる様な面会はご遠慮下さい。

食事

  • 入院中の食事は、医師の指示の下、管理栄養士が病状に応じてカロリーなどを設定しています。病院食以外の飲食物を摂取する場合は、必ず看護師にご確認下さい。
  • 飲酒、デリバリー等の飲食物の配達は許可しておりません。
  • 食費は、朝昼夕1食ごとの計算となっております。外出等で食事が不要の場合は、必ず事前に看護師にお申し出下さい。お申し出がなかった場合は、当該食費を請求させて頂きます。

高額療養費(70歳未満の方)

高額療養費(払い戻し)
 医療機関に支払った医療費が1ヶ月に一定額を超えた場合、申請を行い認められると一定額(自己負担限度額)を超えた額が払い戻される制度です。  ※ 詳しくは医療ソーシャルワーカーにお尋ね下さい。
 ※ 1ヶ月とは、その月の1日~末日まで。
自己負担限度額
区分ア …… 252,600円+(総医療費-842,000円)×1% [140,100円]
区分イ …… 167,400円+(総医療費-558,000円)×1% [93,000円]
区分ウ …… 80,100円+(総医療費-267,000円)×1% [44,400円]
区分エ …… 57,600円 [44,400円]
区分オ ……35,400円 [24,600円]

※総医療費とは保険適用される診療費用の総額(10割)です。

※ 区分ア→標準報酬月額83万円以上、国民健康保険では、総所得金額が901万円を超える世帯。
※ 区分イ→標準報酬月額53万~79万円、国民健康保険では、総所得金額が600万~901万円の世帯。
※ 区分ウ→標準報酬月額28万~50万円、国民健康保険では、総所得金額が210万~600万円の世帯。
※ 区分エ→標準報酬月額26万円以下、国民健康保険では、総所得金額が210万円以下の世帯。
※ 区分オ→市区町村民税の非課税世帯。
※[ ]は4回目以降(多数該当)の金額です。その診療月を含めた直近の過去12ヶ月に3回以上高額療養費の支給または限度額認定証の適用がある場合、上記の
通り自己負担限度額が軽減されます。
※金額は、保険診療が対象となりますので、食費や個室料、おむつ代、診断書代などは、対象外となります。
支給基準
  • 1人の被保険者について、同じ医療機関ごとに同じ診療月内で、入院・外来別、医科・歯科別に計算します。
  • 同じ病院などでは、診療科ごとに計算します。ただし、入院中に他の診療科(歯科を除く)で治療を受けた時は合算します。
  • 高額療養費が払い戻されるまでに通常3~4ヶ月程度かかります。
限度額適用認定証
 上記の場合は、一旦病院窓口での負担金を支払って、後から限度額を超えた分が払い戻される制度ですが、この限度額適用認定証の交付を受けて病院窓口に提出する事によって、病院窓口での支払いが限度額までとなる制度もあります。

 ※ 当院窓口への提出は、出来る限り入院時にお願い致します。
 ※ 入院後に提出する場合は、必ず入院した月内に提出をお願致します。
 ※ 提出が遅れた場合は、払い戻しの手続きとなりますのでご注意下さい。
申請
<窓口>
政府管掌組合保険・船員保険 ⇒ 全国健康保険協会(協会けんぽ)
共済組合 ⇒ 共済組合
健康保険組合 ⇒ 各種健康保険組合
国民健康保険 ⇒ 市区町村役場
<必要な物>
① 保険証
② 印鑑
③ 医療機関の領収証
④ 通帳(口座振込先) ※③、④は、払い戻しの手続きの場合のみ

※ 代理での申請も可能です。詳しくは、各保険者にお尋ね下さい。
アドバイス
 『払い戻し』で払い戻される額と『限度額適用認定証』で支払いが免除される額に違いはありません。『払い戻し』の場合は、実際払い戻されるまで3~4ヶ月かかり、領収書の添付など手続きが少し面倒です。『限度額適用認定証』を使用すれば、病院窓口での支払い自体が限度額で頭打ちとなり、例え高額な入院費になっても限度額での支払いで済みます。必ず行わなければならない手続きではありませんが、是非ご活用下さい。 

地域医療連携室(医療福祉相談窓口)

 1階の地域医療連携室では、病気やけがによって生じた様々な不安や悩みについて、医療ソーシャルワーカーが守秘義務のもとで患者様やご家族の方々のご相談に応じています。
 必要に応じて院内のスタッフや関係機関と連携をとりながら、一緒に考えさせて頂きます。
 例えば……
  • 介護保険や障害者制度・生活保護の手続きや制度のご説明
  • 退院後の生活の事(老人施設への入所や自宅での介護サービスなど)
  • 医療費の事(高額療養費や各種助成など)
  • 心理的相談
 ……などなど、些細な事でもお気軽にお声をおかけ下さい。

先頭へ