医療法人 広仁会 広瀬病院
menu

病院の概要

病院理念

「心 ― HEART TO HEART」
 私達は、患者様との心のつながりを大切にします。

基本方針

  • 私達は、安全で信頼される質の高い医療サービスを提供します。
  • 私達は、患者様の人格・権利を尊重し、真のチーム医療を実践します。
  • 私達は、医療・福祉・保健の向上に寄与し、地域の皆様のニーズに応えられる病院を目指します。
各種方針は以下のリンクからご覧ください。
医療安全管理指針
院内感染対策指針
個人情報保護方針

患者様権利章典

 患者様は、「心ーHEART TO HEART」の理念のもとに、人間として尊厳を有しながら医療を受ける権利を持っています。また、医療は、患者様と医療関係者とがお互いの信頼関係に基づき、協働して作り上げていくものであり、患者様に主体的に参加していただくことが必要です。
 患者様の生命と健康を守ることを使命とする広瀬病院は、患者様との心のつながりと大切に、安全で信頼される医療サービスを提供し、先進、高度な医療の習得に日々研鑽努力します。このような考え方に基づき、ここに「患者様権利章典」を制定します。

 広瀬病院は、この「患者様権利章典」を守り、患者様の医療に対する主体的な参加を支援していきます。

  1. 誰でも、一人の人間として、尊厳されどのような病気になった場合でも、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 病気、検査、治療、見通しなどについて理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで十分な説明と情報提供を受けたうえで、治療方法などを自らの意思で選ぶ権利、医療を拒否する権利があります。
  3. 自分の診療記録を見る権利があり、また個人の情報の秘密が守られ、私生活を乱されない権利があります。
  4. 良質な医療を実現するためには、医療をはじめとする医療提供者に対し、患者様自身の健康に関する情報を出来るだけ正確に提供する必要があります。
  5. すべての患者様が、適切な医療、納得できる医療を受けるために、医療に関する説明をうけてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する必要があります。

沿革

1963(昭和38)年 3月 広瀬外科医院(広瀬ビル)として開業、主に救急二次病院として活動
1964(昭和39)年 12月14日 福岡県知事より救急告示病院として許可される
1982(昭和57)年 4月1日 医療法人広仁会を開設
1988(昭和63)年 7月 増築工事を行い、病床124床となる。CT室、リハビリ室等を増築
1月 看護婦寮完成
1992(平成4)年 4月 特定医療法人に認可される
1998(平成10)年 3月 広瀬病院開院35周年祝賀会
2001(平成13)年 11月 古賀稔啓院長就任
一般病棟60床、療養病棟29床、総ベッド数89床の病院となる
2003(平成15)年 5月 放射線科にCR装置、DR-X線テレビ、乳房撮影専用装置を導入
7月 内視鏡下手術装置を導入(腹腔鏡、胸空鏡、関節鏡手術に対応)
2004(平成16)年 10月 放射線科にX線マルチスライスCT撮影装置(更新)を導入
2006(平成18)年 3月 一般病棟62床、療養病棟16床(療養病棟は休床)の病院となる
2008(平成20)年 3月31日 新病院に移転。10:1看護、急性期一般病棟62床の病院となる
1.5T MRI撮影装置(東芝)、フルオーダリングシステムなど導入
2009(平成21)年 12月4日 日本医療機能評価機構認定取得(Ver.5.0)
2010(平成22)年 12月1日 緩和ケア病棟13床開設、急性期一般病棟49床、総ベッド数62床となる
2013(平成25)年 3月30日 広瀬病院開院50周年記念祝賀会

特掲診療料 手術件数

診療実績表

先頭へ